ホーム > リクルート > 先輩からの声

ADVICE

あなたでも挑戦できます。
秋葉悠介(2013年入社)

最初は、クイズカードの作成から始まりました。今でも忘れません、入社当初に自分が描いた1枚のクイズカードを持って、イベント来場者がクイズに参加していたあの光景。結構、自分にとっては衝撃的というか、新人の自分なんかが描いたものが世に出回った新鮮さというか…。

エーディープロジェクトでは、企業PRという大枠の中で、クイズカード1枚の制作からWEBや展示会ブースの企画・制作まで幅広く引き受けます。自分の力だけでは及ばない仕事があれば、先輩や協力会社の力を借りて立ち向かう時もあります。

この仕事において出来ない事はありません。やるか、やらないかであって、やってみれば必ず出来るんだと毎回思います。

大変な面も多々ありますが、達成感と充実感は大きいです。

一歩ずつの経験が自分自身の価値に!
宮崎詩子(2001年入社)

入社してから今に至るまで、私は多岐にわたっての様々なプロジェクトに携わらせてもらっています。

それはテーマパークのショー運営から始まり、愛・地球博パビリオン構想検討、商業施設でのイベント企画、企業展示会やプレス発表会、セミナーやワークショップ等の制作・運営、雑誌の対談ページのプロデュース、ミュージカルの制作・タレントのキャスティング等に至るまで・・・。プロジェクトの内容は様々でも、一歩ずつの経験が次の仕事に活かされて、自分自身が価値となっていく、そんな会社がエーディープロジェクトだと思います。

求められる自分になれるよう、はじめは与えられた場所で努力をし、成長して、自分の意見が少しずつ反映されていく、そんな創造する「やりがい」の感覚を、一緒に共有できればと思います。

好きこそ物の上手なれ!
橋元大輔(2007年入社)

様々なクライアント様からのオーダー、予算的な制約、実務上の条件から、調べて、考えて、調整して、提案して、実行して、全ては自分次第。…を認めてくれる?会社がエーディープロジェクトです。私たちの仕事はよく『大変そう』『遅くまでやってそう』って言われますが、事実そういう方もたくさんいますが、そうじゃない人もたくさんいます(笑)私の先輩方は、創業者を筆頭にビビるくらい自由人ばかりですので、誰もじっと机に向かってる人はいません(笑)。ただ、どうなっても、最終的に最良の答えを導き出すのが私たちの仕事、とだけ教えてくれました。

だから…
辛いことも、しんどいこともありますが、それはどのような企業規模や風土、業界でもきっと同じです。ひとりで進めるスモールプロジェクトも、チームで進めるビッグプロジェクトも、とにかく『プロジェクト』に興味のある方、特定の商材ではなく、無形の商材で勝負したい!という方…。本当の自由を楽しみながら、自分の作品を作ってみませんか?(笑)